日韓労働法フォーラム

12月14日(土) 「日韓『働き方改革』フォーラム」

日韓「働き方改革」フォーラム

1 趣旨
労働問題に関心を寄せる、日本と韓国の市民、労働者、実務家、研究者が一堂に会して、両国で進められている「働き方改革」の実態と課題を明らかにします。
日本では、安倍政権によって推進されている「働き方改革」が多くの問題をはらみ、とくに現場で働く人々から、長時間労働や雇用の不安定化など、その新自由主義的な性格が激しく批判されています。フォーラムでは、日本の「働き方改革」の実態と問題点を諸側面から明らかにし、市民や労働組合がそれに対してどのような運動を展開しているかを報告します。
一方、韓国では、日本とは逆に、福祉国家構築を目指す動きが起こっています。ソウル市は、労働者の基本権を保障し、労働組合組織率を向上させる「ユニオンシティ」の旗を市長が率先して掲げ、ソウル市に雇用されている非正規労働者の無期契約職への転換も進めています。これに呼応して、文在寅政権もまた、「労働尊重」を公約の一つとしています。さらに、労働組合や市民運動も主体的に自らの立場を主張し、労働者の基本権を守る運動を多彩かつ強力に進めているのです。
フォーラムでは、韓国で「労働尊重」の流れを作った核となる人々をお招きし、韓国の現状を報告していただきます。そして、日韓両国の報告者や参加者による議論を通じて、日韓の市民や労働者、実務家、研究者間の緊密な交流関係を創り出していきたいと思います。さらに、労働者が人間らしく働く権利をめぐる問題が、政策決定においてもっとも重要な「軸」の一つとなるべきことを提起し、あるべき「働き方改革」の方向性を示していきます。

2 日韓「働き方改革」フォーラム実行委員会,韓国労働研究院,科学研究費助成事業 基盤研究(C)「韓国における家事・介護労働者の労働実態と組織化に関する研究」(課題番号17K04182研究代表者:横田伸子),科学研究費助成事業基盤研究(S)「雇用社会の持続可能性と労働法のパラダイムの転換」(課題番号15H05726研究代表者:和田肇),科学研究費助成事業 若手研究(B) 「同一労働同一賃金をめぐる労働政治に関する日韓比較」(課題番号17K13680研究代表者:安周永)による共催

3 日時:2019年12月14日(土)   9:30~18:00
4 場所:龍谷大学 和顔(わげん)館B201
5 対象:市民、労働者、実務家、研究者
学術的であると同時に現場感覚があり、日韓の労働問題についてわかりやすく伝わりやすいものを目指します

6 実行委員会
実行委員長:西谷 敏 氏(大阪市立大学名誉教授)
事務局:横田 伸子(関西学院大学教授)

7 プログラム(同時通訳あり)
2019年12月14日(土)
9:00~9:30 受付
9:30~9:40 開会のあいさつ
       
9:40~12:10 第1セッション 日韓「働き方改革」の実態と問題点
 座長:横田 伸子(関西学院大学教授)
日本側:上西 充子 氏(法政大学教授)
    「働き方改革の国会審議を振り返って―『多様な働き方』の言葉に隠された争点―」
熊沢 誠 氏(甲南大学名誉教授)
「安倍『労働改革』の虚実」

 韓国側:イ ビョンフン氏(韓国 中央大学教授)
     「文在寅政権の労働改革の内容とその評価」
     キム ジョンジン氏(韓国労働社会研究所副所長)
     「韓国の地方自治体の労働改革の内容とその評価」 
 コメンテーター:チョ ソンジュ氏(前ソウル市労働協力官)

12:10~13:00 昼食

13:00~14:30 第2セッション 公共部門の労働問題
 座長:イ ジョンヒ氏(韓国労働研究院国際協力室長)
日本側:上林 陽治 氏(地方自治総合研究所研究員)
「日本の公共サービスの非正規化・民営化の影響と解決に向けた道筋」
韓国側:チョン フンジュン氏(韓国労働研究院研究委員)
     「公共部門の非正規職の正規職化の評価と今後の課題」

 コメンテーター:安周永 氏(龍谷大学准教授)

14:30~14:40 休憩

14:40~16:10 第3セッション 企業別労働組合を超えて
 座長:伊藤大一氏(大阪経済大学教授)
日本側:但馬けい子氏(福祉・介護・医療労働者組合(ケアワーカーズユニオン)書記長)
    「介護保険崩壊とケア労働運動」
 韓国側:ナ ジヒョン氏(全国女性労働組合委員長)
     「全国女性労働組合による韓国の非正規女性労働者の組織化」
     チョ ソンジュ氏(前ソウル市労働協力官)
     「社会的脆弱階層の新しい労働運動の流れと可能性」
コメンテーター:キム クンジュ氏(韓国労働研究院研究委員)
      
16:10〜16:20 休憩

16:20~17:50 第4セッション 労働法制から見た労働時間問題
 座長:イ ジョンヒ氏(韓国労働研究院国際協力室長)
日本側:和田肇氏(名古屋大学名誉教授・特任教授)
    「なぜ長時間労働問題を解決できないのか」
 韓国側:キム クンジュ氏(韓国労働研究院研究委員)
     「韓国における労働時間短縮の法改正過程と評価」
 コメンテーター:中村和雄氏(京都弁護士会 弁護士)

17:50~18:00 閉会のあいさつ

2019年 日韓労働法フォーラム 開催案内

日程: 2019年9月7日(土)
場所: 済州大学
時間: 9:30~17:30(予定)
主題: 「労働時間法制の課題」
報告者 : 
第1セッション 名古道功(金沢大学名誉教授)、李相ヒ(産業技術大学教授)
第2セッション 和田肇(名古屋大学名誉教授)、韓仁相(国会立法調査処)

■ 当日スケジュール(予定、)
09:00~     受付
第1セッション 長時間労働と法規制
9:30~10:40 報告:名古道功(金沢大学名誉教授)「長時間労働規制とホワイトカラーの労働時間規制の在り方」
10:40~11:50 報告:李相ヒ(産業技術大学教授)「韓国の長時間労働規制の課題」(仮)
11:50~13:00 昼食
第2セッション 年休制度と課題
13:00~14:10 報告:和田肇(名古屋大学名誉教授)「年休規制」
14:10~15:20 報告:韓仁相(国会立法調査処)「韓国の年休規制の課題」(仮)
15:20~15:40 休憩
全体討論
15:40~17:30 全体討論

日韓労働法シンポジウム

日時:2018年12月23日(日)10:00~
場所:宮島 安芸グランドホテル http://www.akigh.co.jp/
テーマ:「最近の労働法改革の動向」
プログラム:
沼田雅之(法政大学・教授)
趙淋永(嶺南大学校・教授)「文在寅政府の労働法改革の動向の全体像」
都在亨(梨花女子大学校・教授)「文在寅政府の具体的な労働法改革の状況」

*このシンポジウムの報告は次の雑誌に掲載されています。

第11回日韓・韓日労働法フォーラム

第11回日韓・韓日労働法フォーラムが、9月22日(金)、23日(土)に韓国全州市にある全北大学で開催された。

参加者は、日本から15名、韓国側から約25名で、活発な議論が交わされた。

報告については、近日中に労働法律旬報誌で公表したいと考えている。

 

 

このとき同時に和田肇著『労働法の復権ー雇用の危機に抗して』の韓国語版出版記念の会も催された。


 

 

宿泊先は約100年前の朝鮮時代に建造された建物で、韓国の古都と食事を堪能した。

  

*このシンポジウムの報告は次の雑誌に掲載されています。

第11回 韓日・日韓労働法フォーラム

■日程

2017年9月22日(金)~25日(月)

■会場

全北大学校 ジンシュダン(法学専門大学院) 3階 会議室

(全羅北道全州市)

■テーマ及び報告者

テーマ:性差別禁止法の現状と課題

<日本側報告者>

(1)相澤美智子(一橋大学)「日本における性差別禁止法の現状と課題ーー雇用の場における性差別禁止をめぐってー」(仮)

(2)緒方桂子(南山大学)「日本における女性の労働とケア(育児・介護等)をめぐる法的諸問題」(仮)

<韓国側報告者>

(1)朴宣映(韓国女性政策研究院)「韓国における男女雇用平等法の施行30周年、その成果と課題」

(2)沈載珍(西江大学)「韓国における男女雇用平等法の争点」

第10回 日韓労働法フォーラム報告

2月24日、25日に龍谷大学で第10回日韓労働法フォーラムが開催された。

参加者は、韓国側が15名、日本側が25名の計40名であった。

今回の報告については、労働法律旬報誌において公表する予定である。

 

 

*このシンポジウムの報告は次の雑誌に掲載されています。

 

 

 

 

第10回日韓労働法フォーラム

テーマ「労働者派遣と法の日韓比較」

 

【報告者】

脇田滋(龍谷大学教授)「派遣労働と団結権」

金基善(韓国労働研究員・博士)「韓国の労働者派遣法制と実態」

金洪永(成均館大学教授)「韓国における派遣法上の差別是正の事例分析」

 

 

日時 : 2017年2月25日(土)10:30~18:00

場所 : 龍谷大学深草キャンパス紫英館2階大会議室

 

https://www.ryukoku.ac.jp/fukakusa.html 及び

https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html

 

<コメント>

今回のフォーラムは、永年にわたって日韓比較労働法研究に従事されてこられた脇田教授が龍谷大学を退職するに際して開催されるものです。

なお、フォーラム終了後にレセプションを予定しています。こちらにもご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

                                                                                                                                              和田肇

 

 

日時 : 2017年2月25日(土)19:00~

場所 : メルパルク京都

 

http://www.mielparque.jp/kyoto/access/

 

 

問い合わせ:名古屋大学法学研究科和田研究室

(wada@nagoya-u.jp又はakemi.k@law.nagoya-u.ac.jp)

2.25日韓ポスター 2

 

 

日韓労働法フォーラム&出版記念の会

10月28日に韓国女性政策研究院で日韓(韓日)労働法セミナーと西谷敏先生の著書の韓国語版出版記念パーティが開かれました。

講演内容等については後日雑誌に掲載する予定です。

5y3a3143 5y3a3058 5y3a3202 5y3a3361
*このシンポジウムの報告は次の雑誌に掲載されています。

 

日韓労働法フォーラム&出版記念の会

日韓労働法セミナー

  • テーマ:持続可能な雇用と労働法の役割
  • 日付:2016年10月28日(金)14:00~17:30
  • 場所:韓国女性政策研究院 会議室(3階)
  • 共同主催:韓国労働法学会/韓国比較労働法学会/韓国女性政策研究院

 

  •  

                            ※ 日本語↔韓国語の逐次通訳提供

時 間 プログラム
13:30-14:00 ・受付
  開会式司会: 金熙聲 (江原大学教授)
14:00-14:20  ・挨拶

李承吉 (韓国労働法学会長)

盧サンホン(韓国比較労働法学会長)

李ミョンソン (韓国女性政策研究院長)

フォーラム 司会: 李承吉 (亜州大学教授)
14:20-15:00 ・発表

テーマ: 『持続可能な雇用と労働法の役割』

和田肇 (名古屋大学教授)

通訳: 徐ユンヒ

15:00-15:20 Break Time
15:20-17:00 ・ 討論

盧サンホン(ソウル市立大学教授)

朴宣映(韓国女性政策研究院先任研究委員)

宋ガンジク(東亜大学教授)

吳ムンハン(蔚山大学教授)

野田進(九州大学教授)

脇田滋(龍谷大学教授)

通訳:朴スギヨン(韓国女性政策研究院)

17:00-17:30 ・  総合討論及び閉会

 

 

『労働法の基礎構造』翻訳出版記念会(晩餐会含み)

場所: 韓国女性政策研究院 国際会議室(2階)

 

(通訳: 徐ユンヒ)

 

 

時 間

 

 

プログラム

 

・ 司会:  宋ガンジク
18:00-18:10 ・ 著者紹介及び出版(翻訳)事業の経過報告

盧サンホン

18:10-18:15 ・ 翻訳本贈呈式

朴宣映

18:15-18:20 ・ 歓迎挨拶

李承吉、盧サンホン、金ジヒョン元最高裁判事(予定)

18:20-19:00 ・  著者の出版記念講演

西谷先生の講演(20分)+通訳(20分)=総40分

19:00-19:10 ・  記念撮影
19:10-21:00 ・ 晩餐会(buffet)

 

※ 日韓労働法セミナー

日韓労働法フォーラム&出版記念の会

2016年10月28日(金)

韓国ソウルにて

 

第1部 日韓ミニシンポジウム

 

第2部 西谷敏『労働法の基礎構造』韓国語訳 出版記念の会

 

(詳細につきましては、追ってUPします)

日韓労働法フォーラム

5月28日(土)15時~17時30分まで、龍谷大学セミナーハウス「ともいき荘」にてセミナーが開催された。韓国側から報告者も含め9名が、日本側から15名が参加して活発な議論が交わされた。二本の報告については、後日、労働法律旬報誌に掲載予定である。

 

CIMG0439CIMG0428
CIMG04411CIMG0479

 

 

 

*このシンポジウムの報告は次の雑誌に掲載されています。

 

 

 

 

 

日韓労働法セミナーの開催

日時 : 5月28日(土)

 

場所 : 龍谷大学

 

報告者・報告タイトル

① 「韓国における低成果者と雇用労働部の通常解雇指針について」

KANGWON NATIONAL UNIVERSITY  KIM Hee-Sung

 

② 「賃金ピーク制と賃金削減、就業規則不利益変更と社会通念上の合理性」

DONG-A UNIVERSITY SONG Kang-Jik

第9回日韓労働法フォーラム

2015年12月18日(金)~19日(土)に石川県山中温泉河鹿荘ロイヤルホテルで第9回日韓労働法フォーラムが開催された。出席者は韓国から13名、日本から18名、全体で31名であった。18日の前日打ち合わせを含めて約10時間にわたって熱心な討論が交わされた。

今回のテーマは、1990年代以降における両国の規制緩和政策と現政権で進められている労働法改革であり、両国の状況の類似性と相違性に関心が集中した。いずれも雇用社会の危機という状況にあり、労働法の課題が明らかにされた。

CIMG0361CIMG0321CIMG0425CIMG0278

*このシンポジウムの報告は次の雑誌に掲載されています。
労旬1865

第9回 日韓労働法フォーラム開催情報

回 :第九回

日時:12月18日~19日

場所:金沢

テーマ:「労働法の規制緩和と規制改革」

報告者:

日本側

唐津博(中央大学)「日本における労働法の規制緩和政策」

浜村彰(法政大学)「アベノミクスの雇用改革」

 

韓国側

盧 尙 憲  「朴槿恵政府の労働改革と労働法」

文 武 基  「韓国における1990年以後労働関係法上の規制緩和政策」

 

 

参加希望者は、名古屋大学和田研究室までお申し込み下さい。

下記アドレスまでご連絡ください。

2015年韓日女性労働フォーラム

2015年5月12日

於 韓国国会議員会館内

 

報告「雇用におけるハラスメントの法的問題」

 

韓国写真1 韓国写真2

韓国写真3 韓国写真4新

 

進行表

 

*このシンポジウムの報告は次の雑誌に掲載されています。

労旬1858

 

※ 第1回~第8回のフォーラムにつきましては、「過去の業績」をご覧ください。

※ 第1回~第2回の成果は、『日韓比較労働法Ⅰ,Ⅱ』(旬報社,2014年)にまとめられています。
  「出版物一覧」をご覧ください。

ページトップ